安江賞

安江賞とは:

東海皮膚科漢方研究会の設立運営に甚大な業績を残された故、安江 隆(やすえたかし)先生 (元東海皮膚科漢方 研究会事務局代表)を顕彰し、皮膚科漢方研究への御遺志を継承発展して いくべく、平成13年第26回東海漢方研究会から設けられた研究奨励賞。

安江賞の選考方法:

皮膚科領域に関連した漢方研究のうち、過去二年間に国内外において学術論文として発表された論文について、当研究会世話人会において、査読の上で各世話人により厳正に点数化して集計、最高得点を取得した論文のうち、 安江賞に相応しいものに対して授与するもの。毎年1回の定例会において、受賞内容についての奨励講演を依頼している。尚、安江賞に該当する論文が見出されない年度の定例会においては、受賞を行わないため、毎年授与されるものではない。

安江 隆先生:

東海皮膚科漢方研究会(旧名大関連病院漢方研究会)元事務局代表 学歴及び職歴 昭和37年3月 名古屋大学医学部卒業 昭和37年4月~昭和38年3月 医師実地修練(岐阜県立多治見病院) 昭和38年4月~昭和39年6月  名古屋大学医学部副手(皮膚科学講座) 昭和39年7月~昭和40年1月  名城病院医員(皮膚科) 昭和40年2月~昭和44年7月  名古屋大学医学部副手(皮膚科学講座) 昭和44年8月~昭和46年2月  名古屋大学医学部助手(皮膚科学講座) 昭和46年3月~昭和56年2月  国立名古屋病院医員(皮膚科) 昭和56年4月                 医学博士学位取得(名古屋大学) 昭和56年3月~平成6年7月   名古屋大学医学部助教授(皮膚科学講座) 平成2年10月~平成3年3月  神戸大学医学部非常勤講師(皮膚科学講座) 平成6年8月~平成12年3月   安江皮膚科クリニック理事長 平成12年3月                 逝去(享年62歳)

所属学会 日本東洋医学会会員東海支部常任幹事 日本皮膚科学会会員、専門医 日本アレルギー学会会員、認定専門医 日本研究皮膚科学会会員 日本リウマチ学会会員

過去の安江賞受賞者名、奨励講演日、講演題名、受賞論文

(1)能勢充彦先生(名古屋市立大学薬学部生薬学教室 講師)

第26回 東海皮膚科漢方研究会 平成13年9月9日

アトピー性皮膚炎に用いられる漢方方剤の遅延型アレルギー反応に与える影響

Mitsuhiko Nose,Jun–ichiro Sakushima, Dasuke Harada, Yukio Ogihara : Comparison of Immunopharmacological Actions of 8 kinds of Kampo-Hozais Clinically Used in Atopic dermatitis on Delayed-Type hypersensitivity in Mice, Biol.Pharm.Bull.22(1)48-54(1999)

(2)中島 泉先生(名古屋大学医学部免疫学教室 教授)

第27回 東海皮膚科漢方研究会 平成14年9月7日

トランスジェニックマウスにおけるメラノーマの進展に対する十全大補湯の経口投与によるT細胞免疫を 主とした抑制作用

Yan Dai, Masashi Kato, Kozue takeda,Yoshiyuki Kawamoto, Anwarul a. Akhamd, Kahaled Hassain, haruhiko Suzuki, Izumi Nakashima : T-cell-Immunity-Based Inhibitory Effects of Orally Administered Herbal Medicine Juzen-taiho-to on the Growth of Primarrily Develped Melnocytic Tumors in RET-Transgenic Mice. J Invest Dermatol.:117(3)694-701,2001

(3)巽 武先生(諏訪中央病院)

第28回 東海皮膚科漢方研究会 平成15年9月7日

Takeshi tatsumi, Tomohiro Yamada, Hiroichi Nagai Katsutoshi Terasawa, Tadao Tani, Shinyu Nunome, Ikuo Saiki : A Kampo Formulation: Byakko-ka- ninjin -to(Bai-Hu-Jia-Ren-Sheng-Tang) Inhibits IgE-Mediated Triphasic Skin Reaction in Mice:The Role on Its Constituents in Expression of the Efficacy JBiol.Pharm.Bull.24(3)284-290(2001).

(4)豊田雅彦先生(富山医科薬科大学医学部皮膚科学教室 講師)

第29回  東海皮膚科漢方研究会 平成16年9月5日

漢方薬が血中サイトカイン・神経系因子に及ぼす作用の定量的解析ーELISA およびFLOW CYTOMETRY を中心として

豊田雅彦、諸橋正昭: 皮膚科の立場からーEBMにもとずくアレルギー疾患の漢方治療

アレルギー・免疫、9(7),774-780,2002

(5)斉木育夫先生(富山医科薬科大学和漢薬研究所病態生化学分野 教授)

第30回 東海皮膚科漢方研究会 平成17年9月11日

漢方薬とアレルギー性皮膚疾患

Ikuo saiki : Kampo formulations and allergic inflammatory diseases-Efficacy for murine IgE-mediated triphasic cutaneous reaction- J. Trad. Med, 21, 51-66, 2004

(6)森田明理先生(名古屋市立大学大学院医学研究科 加齢・環境皮膚科学教室 教授)

第33回  東海皮膚科漢方研究会 平成20年9月7日

(NOVEL FUNCTIONS OF HERBAL MEDICINES INDENDRITIC CELLS:ROLE OF AMOMI SEMEN IN TUMOR IMMUNITY 樹状細胞における生薬の新規作用の解析:シュクシャの腫瘍免疫への応用)

Hajime Fukui, Seika Mitsui, Nobue Harima, Mitsuhiko Nose, Kunio Tsujimura, Hajime Mizukami, Akimichi Morital. Novel functions of herbal Medicines in dendritic Cells :Roll of Amoni Semen in Tumor Immunity Microbiol. Immunol,51(11)1121,2007

(7)牧野利明先生(名古屋市立大学大学院薬学研究科生薬学分野 准教授)

第34回  東海皮膚科漢方研究会  平成21年9月6日

ダニ抗原誘発アトピー性皮膚炎モデルマウスに対する麦味地黄丸の作用

Yoshiaki MAKINO,Minako HAMANAKA, Hirotaka TAMASHITA,Hajime MIZUKAMI. et al. Effect of Bakumijiogan, an Herbal Formula in Traditional Chinese Medicine, on Atopic Dermatitis-Like Skin Lesions Induced by Mite Antigen in NC/Jic Mice Bol. Pharm.Bull. 31(11)2108-2113.2008)

(8)阪中雅広先生(愛媛大学大学院医学研究科生体機能解析学講座機能組織学分野 教授)

第35回  東海皮膚科漢方研究会  平成22年9月5日

紫外線β誘発皮膚老化ヘアレスマウスに及ぼす紅参由来サポニンの影響

Young Gon Kim, Maho Sumiyoshi, Masahiro Sakanaka ,Yoshiyuki Kimura. Effects of ginseng saponins isolated from redginseng on ultraviolet B-induced skin aging in hairless mice European Journal of Pharmacology 602(2009)148-156

(9)小林 裕美先生(大阪市立大学大学院医学研究科 皮膚病態学 准教授)

第36回  東海皮膚科漢方研究会  平成23年9月25日

Hiromi Kobayasi, Masamitsu ishii, Satoshi takeuti, Yoichi Tanaka, Takahiro  Shintani, Atsushi Yamatodani, Tadashi Kusunoki and Masutaka furue EFFICACY AND SAFETY OF A TRDITIONAL HERBALMEDICINE, HOCHU-EKKI-TO IN THE LONG-TERM MANAGEMENT OF KIKYO DILICATE CONSTITUTION) PATIENTS WITH ATOPIC DERMATITIS: A 6-MONTH,MULTICENTER,  DOUBLE-BLIND, RANDAMIZED,  PLACEBO-CONTROLLED STUDY

(アトピー性皮膚炎を伴う気虚(虚弱体質)患者の長期治療における補中益気湯の有効性と安全性:6ヶ月の

多施設二重盲検ランダム化プラセボ対照試験)

(10)舟串直子先生(順天堂大学医学部皮膚科 助教)

第37回  東海皮膚科漢方研究会  平成24年9月9日

Naoko Funakushi, Takuji Yamaguti, Jujiang, Sachiko Imamura, Takatoshi Kuhara, Hajime Suto,

Ueki,Yoshio Kase, Hiroyuki Kobayashi, Hideoki Ogawa, Shigaku Ikeda

AMELIORATIONG EFFECT OF YOKUKAMSAN ON THE DEVELOPMENT OF ATOPIC DERMATITIS-LIKE LESIONS AND SCRATING BEHAVIOR IN SOCIALLY ISOLATED NC/NGA MICE

隔離飼育 NC/NGA マウスにおけるアトピー性皮膚炎様病変発症と掻痒行動に及ぼす抑肝散の緩和作用

(11)石川慎太郎先生(昭和大学医学部生理学講座 生体防御学部門 助教)

         第38回 東海皮膚科漢方研究会 平成25年9月1日(日)    

      『SUPPRESSIVE EFFECT OF JUZENTAIHOTO ON VASCULARIZATION INDUCED BY B16 MELANOMA CELLS IN VITRO AND IN VIVO』 IN VITRO およびIN VIVOでのB16 メラノーマ細胞に誘導された血管新生に対する十全大補湯の抑制効果

(12)吉久陽子先生(富山大学大学院医学薬学研究部皮膚科学 特命助教)

          第39回 東海皮膚科漢方研究会 平成26年9月7日(日)      

        『Alkannin, HSP70 inducer, Protects against UVB-induced Apoptosis in Human Keratinocytes』

(13)山村和彦先生(九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野)

           第40回     東海皮膚科漢方研究会 平成27年10月18日(日)

         『ANTI-ALLERGIC MECHANISMS OF JAPANESE HERBAL MEDICINE,  YOKUKANSAN ON MAST CELLS』

(14) 関口恊二 研究員(株式会社ツムラ 製品戦略本部 ツムラ研究所)

           第41回 東海皮膚科漢方研究会 平成28年9月25日(日)

  『SUPPRESSION OF PROPIONIBACTERIUM ACNES-INDUCED DERMATITIS BY A TRADITIONAL

            JAPANESE MIDICINE!、JUMIHAIDOKUTO、MODIFYING MACROPHAGE FUNCTIONS

         (マクロファージ機能を調整する十味排毒湯によるPROPIONIBACTERIUM ACNES誘発皮膚炎の抑制)』

(15)松本隆志 研究員(株式会社ツムラ漢方研究開発本部ツムラ研究所)

   第42回 東海皮膚科漢方研究会 平成29年9月10日(日)

    『PLASMA PHARMACOKINETICS OF POLYPHENOLS IN A TRADITIONAL JAPANESE MEDICINE,  

    JUMIHAIDOKUTO, WHICH SUPPRESSES PROPIONIBACTERIUM ACNES-INDUCED DERMATITIS

             IN RATS  ( PROPIONIBACTERIUM ACNES誘発のラット皮膚炎を抑制する十味敗毒湯における

             ポリフェノール成分の代謝と薬物動態)』

(16)松原陽佑 研究員(株式会社ツムラ漢方研究開発本部ツムラ研究所)

    第43回 東海皮膚科漢方研究会 平成30年9月9日(日)

    『Keigairengyoto, a traditional Japanese medicine, promotes bacterial clearance by activating

                     innate immune cells in mouse cutaneous infection models』